注文住宅を建てる前に知っておきたい住宅の種類

あなたに合った注文住宅は木造住宅かコンクリート住宅か

人気の高い注文住宅

一生に一度の大きな買い物であるマイホーム。住宅の建て方にはいくつかの種類がありますが、その中でも特に人気のスタイルが自由度の高い注文住宅です。注文住宅にはどのような費用がかかるのでしょうか。

注文住宅にかかる費用

本体工事費用

注文住宅にかかる合計費用のほとんどを占めるものが本体工事費用です。建物そのもにかかる費用のことをいいます。仮設工事費用や基礎工事費用などが含まれます。

別途工事費用

注文住宅にかかる合計費用の2割程度は別途工事費用が占めています。これは、ガスや水道、エアコンや照明など、建物に必要な設備にかかる費用のことをいいます。

諸費用

本体工事費用と別途工事費用ほどではありませんが、住宅ローン保証料や消費税、仲介手数料など家を建てる際に必要な諸費用が合計費用の数%ほどかかります。

注文住宅を建てる前に知っておきたい住宅の種類

家族

木造住宅

木造住宅は、間取りや空間設計がしやすく自由度が高いことが特徴です。また、施工費用も安く、木のぬくもりも感じられるので住んでいて安心感を得やすいというメリットがあります。

コンクリート住宅

コンクリート住宅は、コンクリートがメインの建物のため、耐久性に優れていることが大きな特徴です。また、材質が重くて厚いため遮音性もあり火事にも強いというメリットがあります。

慎重に選ぶことが大切

どちらの住宅にもメリットとデメリットがあります。あなたの理想と広島の地域によって最適な住宅は変わります。あせらずに慎重に選ぶことが大切です。